WebSeo
最近ではサムスンの工場に起こったが、LGディスプレイは、その植物慶北、韓国、コロナウイルスの蔓延のリスクがあると考えられた領域を閉鎖を余儀なくされたのと同じように。現時点では、それは一日のため閉...
WebSeo
2020-03-03 10:26:42
WebSeo logo

ブログ

サムスンLGディスプレイはまた、コロナウイルスシステムにより閉鎖された後、

行為におけるグローバル危機

最近ではサムスンの工場に起こったが、LGディスプレイは、その植物慶北、韓国、コロナウイルスの蔓延のリスクがあると考えられた領域を閉鎖を余儀なくされたのと同じように。現時点では、それは一日のため閉鎖が確認されましたが、長い休憩を排除するものではなく、開発にもっと依存しています。確かなこと韓国は感染症の数が最も多い国は中国の後に起こったこと、この時点で非常に大きな課題に直面していることです。
LGはビジネスコンプレックス亀尾にある銀行の従業員がCOVID-19のために陽性をテストすることを確認しました。複合体の一部の地域を閉じ、そして我々は彼らを殺菌し、それらを保護するために政府と協力する必要がありました。あなたは従業員に接続されている誰もが屋内に滞在すると、次の2週間後に自分の健康状態を監視するように頼まれました。 LGディスプレイなどのTFT液晶パネルの生産は、世界最大の生産国の一つであるため
慶北施設が使用されています。そのパネルは、多くの企業が、だけでなく、より多くのテレビ会社でのスマートフォンに搭載されています。 OLED技術と優秀さにもかかわらず、LGは、既に実行中で改善の余地を持ち続けてLCDに投資を続けています。部分的に - - サムスンと一緒にソニー、LGは自社のデバイスで使用されるパネルを製造している数少ない企業のひとつです。
我々はディスプレイ製造上のノートの反響を期待していない現時点では、その供給の面で問題はありません。前回の記事で報告されたようにコロナCOVID-19はすでに、スマートデバイスの売上の急激な減速につながっていることも同様に当てはまります。
アナリストは、株式市場に有利と購入を再開するために消費者を誘導する、流行を低減させることができることが想定される2020年の後半から市場の回復に期待します。今のところ、いくつかの懸念を君臨し続けています。

関連記事