WebSeo
サムスンの次のトップホーム範囲のための待ち時間は相変わらず高く、噂は単なるネットワーク上追いかけます。ハードは、それがギャラクシーS21と呼ばれる場合は、それをより可能性の高いギャラクシーS30...
WebSeo
2020-04-14 11:25:23
WebSeo logo

ブログ

ディスプレイの下に

サムスンギャラクシーS21のカメラ?

穴パンチナッシング

サムスンの次のトップホーム範囲のための待ち時間は相変わらず高く、噂は単なるネットワーク上追いかけます。ハードは、それがギャラクシーS21と呼ばれる場合は、それをより可能性の高いギャラクシーS30に変更された場合に言うが、最新の噂によるとするサムスンは、少なくともデザインの面では、それは大きな作りたいようです。韓国巨人は実際にはフロント視神経の新しい場所を探して、カメラ事業の研究開発に投資します。目標は、(しゃれを言い訳)ギャラクシーS20で見られるディスプレイで、一部のモデルで迷惑なノッチ存在だけでなく、穴をなくすことであろう。解決策は、ディスプレイ自体の下方に配置されたので、カメラ、デザインに新しいパスを開くことができ、新たな技術になります。
最近では、我々は彼らのフロントカメラのさまざまなソリューションを採用しているどのように多くの企業を見てきました。今のところは、侵襲性の低いオプションは、光を隠しているように見えたが、一定の信頼性を保証しなければなりません。確かなこと、これまでの標準的な他の人に自分自身を課すことに成功していないことです。サムスンが競争相手、事実上、目に見えないと内蔵カメラ表示にシリンダーaから引き出すことができれば(両方ともAndroidのパノラマIOSがあること)追撃を有する自分自身を見つけるだろうということは明らかです。
今のところ何もコメントでも、サムスンからの公式情報はありません。数日前に、しかし、それは同じ会社にS20 / S30上の項目をキックオフ特許を示しました。添付画像には、カメラ用のノッチ、孔または空間の完全に欠い滝スクリーンを装備したスマートフォンを見ることができました。
一方、親しい同僚と小米科技は忙しいです。 2つの中国の巨人は、すでにディスプレイの下に配置されたカメラに一定の関心を示していることを思い出してください。現在の研究開発段階にあるが、親しい同僚は、有利な位置思わ、2019 の終了時に公衆に示すプロトタイ

関連記事