WebSeo
...
WebSeo
2020-06-05 11:07:08
WebSeo logo

ブログ

すべてのイタリア最悪、欧州でのスマートフォン

予測可能な状況

研究所対位法の研究は、コロナウイルスが7%未満の売上高、市場の強い収縮を引き起こし、ASは予想2020年度第1四半期中に欧州でのスマートフォンの販売の結果を発表しました前年同期は、最後の四半期から23%。それが理由は、おそらく私たちは流行が爆発しているヨーロッパで最初の国、そして最初にあったことが事実である2019年に比べて-21%を得点され、イタリア、すべてのそれを悪化させるために、明らかに経済を殺したフルロックダウンを作ります。
前四半期からの減少は、しかし、それはそれほど驚くべきことではありません。各年の第一四半期には、基本的には、多くの市場のための最も有益であることを思い出してください。考慮し、最も重要とテイクしたがって、前年同期との比較です。だから我々は、我々が持っている主要な市場を見ればます。

  • イタリア-21%
  • ドイツ-11%
  • フランス-9%
  • 英国-8%
  • ロシア-1%
  • ヨーロッパ-7%ます。
2020年度第1四半期中にヨーロッパで最も売れたスマートフォンAppleのiPhoneは11でした。しかし、売上高が約100販売のみ4スマートフォンが5Gネットワ​​ークのサポートが装備されていたのでことを、ローエンド市場に分解されていることが表示されます。次のように
メーカーに目を向けると、欧州市場が分割されます。
  • サムスン29%
  • アップル22%
  • Huawei社16%ます。
  • 小米科技11%
  • のOPPO 3%
  • 19%その他
上場企業の中で、小米科技が最も高い増加を得点されるものです、現在の11%に4%の市場シェアで年に渡します。我々はすでに中国のブランドは世界中ビットを」理解され続けていることのストレスに、前回のニュースで議論してきました。
Huawei社は、代わりに現在の16%に昨年の23%から落ち、一定の減少を被ります。理由は多くあり、また、トランプの禁止以下の公共の異なる認識だけでなく、公式のGoogleアプリが存在しない状態で発見さ

関連記事